自分の酒害体験  山田 茂

  • 2008.03.20

=この記事は、横浜断酒新生会機関誌「かたらい」・第41号より同会、および筆者の同意を得て転載するものです=   自分の断酒の切っ掛けは幻覚を見てしまった事でした。幻覚症状は禁酒をして一週間目に出てきました。その症状は人によりそれぞれ異なるようですが、自分の場合は「手」に出て来ました。手の指の間から虫が顔を出しては引っ込み、引っ込んでは出て来ました。払っても払っても出て来ました。自分ではどうしようも […]

デイ・オーエム、精神科デイケア合同作品展に参加

  • 2008.02.07

去る2月4日より5日間、横浜駅 西口の県民サポートセンターにて 第12回「精神科デイケア合同作 品展」が開催されました。県内24   ケ所の精神科デイケアが、1年間 の治療プログラムの結晶とも言う べき絵画や手作り工芸作品など を出品し、回復、社会参加への夢 と希望、勇気を分かち合いました。 会場では又、作品の販売も行わ れ一般の方々との交流を深める 機会ともなりました。毎年この作品展に参加してい […]

沖 政代 大石クリニック看護師長が語る

  • 2008.02.04

酒害相談、リカバリーについて    昨年9月30日、横須賀市総合福祉会館にて開催された「第31回・県酒害相談員研修会」の第2分散会に助言者として参加した当院の沖政代看護師長が「酒害相談」と「リカバリー」について発言しました。以下その要旨をご紹介します。    「凄く否認の強い患者さんがある日泣きながら電話をかけて来ました。仕事中でしたが電話を切るに切れずに1時間ほど話を聴いてあげました。後日来院し […]

1 201 210